音楽分野科目

DEPARTMENT  OF  MUSIC  STUDIES

音響技術系 (Audio 000 Series -Audio Engineering)

AUD300A

デジタルオーディオワークステーションⅠ

(DAWⅠ)

Digital Audio WorkstationⅠ(DAWⅠ)

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

オーディオファイルの録音、編集、再生を行うために必要なソフトウェアとハードウェア(DAW:デジタルオーディオワークステーション)の使い方を扱う入門授業。

履修条件:Pro Tools (Ver 9以上、もしくはFirst) がインストールされた自身のラップトップを保有していること

 

AUD300B

デジタルオーディオワークステーションⅡ

(DAWⅡ)

Digital Audio WorkstationⅡ(DAWⅡ)

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義または演習

DAWⅠの続編にあたる授業。DAWソフトを使った編集とミキシングを主に扱う。高度な編集技術やコンピューター内でのミキシングを修得する。

履修条件:AUD300Aを修得していること

 


AUD300C

デジタルオーディオワークステーションⅢ

(DAWⅢ)

Digital Audio WorkstationⅢ(DAWⅢ)

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義または演習

ロジックを用いたレコーディングとプロダクション作業の入門授業。

履修条件:AUD300Aを修得していること

 

AUD305A

ミキシングⅠ

MixⅠ

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義または演習

機材の準備から簡単なマルチトラックまで扱うミキシングの入門授業。ミキシングの歴史、哲学、そして理論についても扱う。Fantasy Studioにて授業を行う。施設利用料:未定

履修条件:AUD300A, AUD310Aを修得していること

 


AUD305B

ミキシングⅡ

MixⅡ

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

オートメーションやパラレルコンプレッションといった高度なミキシング技術を扱う授業。実際の業界で使われる大規模装置やアナログ/デジタルハイブリッドミキシングについても学ぶ。Fantasy Studioにて授業を行う。施設利用料:未定

履修条件:AUD305Aを修得していること

 

 

AUD400A

スタジオレコーディングⅠ

Studio RecordingⅠ

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

スタジオレコーディングの基礎を学ぶ授業。マイクの選び方や設置方法、様々な危機に関する説明や信号の流れ、レコーディングセッションに向けての準備と慣習、ライブレコーディングなどの項目を扱う。加えてリミッターやコンプレッサーといった信号処理機材の使い方も学ぶ。最終課題はライブ→2トラックのレコーディング。Fantasy Studioにて授業を行う。施設利用料:未定

履修条件:AUD300A, AUD310Aを修得していること

 


AUD400B

スタジオレコーディングⅡ

Studio RecordingⅡ

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

マルチトラックレコーディングに必要な技術と慣習に焦点を当てた授業。より複雑で大規模な信号の流れや珍しい編成の際のマイキング技術などを扱う。最終課題はAUD400Aの課題のエンジニアリング。Fantasy Studioにて授業を行う。施設利用料:未定

履修条件:AUD305A, AUD300B, AUD401を修得していること

 

AUD401B

ポストプロダクションⅠ

Post ProductionⅠ

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義または演習

主に映像のサウンドトラックに関するポストプロダクションを扱う授業。ADR(アフレコ)、サウンドデザイン、効果音、劇伴制作などに焦点を当てる。

履修条件:AUD300Bを修得していること

 


AUD402

音楽制作Ⅰ

Music ProductionⅠ

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義

現代の音楽制作現場に関する基礎を扱う授業。アーティストやクライアント、作曲家、編曲家とレコーディングプロジェクトの目標を定める作業や、予算内でプロジェクトを完遂するための機材の選び方、リハーサルレコーディングの際に周囲のリソースを最大限に活かす方法などを扱う。最終課題は定番曲のリメイク。教室とFantasy Studioにて授業を行う。施設利用料:未定

履修条件:AUD320, AUD400Aを修得していること

 


スタジオ技術系 (Audio 010 Series -Studio Technology)

AUD310A

オーディオ技術Ⅰ

Audio TechnologyⅠ

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義

アナログ/デジタルオーディオ技術の基礎を扱う授業。録音機材(デザイン、機能、仕組み)、信号処理の概念(リバーブ、ディレイ、イコライジング、コンプレッション等)マイクと拡声技術といった内容を学ぶ。

 

AUD310B

オーディオ技術Ⅱ

Audio TechnologyⅡ

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義

オーディオ技術Ⅰの続編にあたる授業。レコーディングスタジオの技術的側面に焦点を当てる。マイク、高度な信号処理、MIDIの取り込みなどについて学ぶ。Fantasy Studioと学校内にて授業を行う。施設利用料:未定。

履修条件:AUD300A, AUD310Aを修得していること

 


AUD410

スタジオエレクトロニクス

Studio Electronics

必修科目-2 単位, 2 時間分の講義または演習

シールドケーブル、コネクタ、電子回路、各種機材のメンテナンスなど、レコーディングスタジオのシステムに関する内容を重点的に学ぶ授業。

履修条件:AUD310Bを修得していること

"Fantasy Studios" at Zaentz Media Center

 http://fantasystudios.com/

AUD411

レコーディングスタジオ・インターンシップ

プログラム

Recording Studio Internship Program

必修科目-3 単位, スタジオにて週2~3時間の演習

Zaents Media CenterにあるFantasy Studioにおいて、プロのレコーディング施設の仕組みについて学び、レコーディング実地研修を受けられるインターンシップ・プログラム。

研修内容:

・基本的なレコーディング技術とマイキング

・レコーディングセッションの準備

・信号伝達の仕組みとパッチング

・ミキシングコンソールの操作

・レコーディングセッションのマナー

・マイクや機材の取り扱い

・スタジオでの事務作業

・顧客対応

・各種整備と清掃

履修条件:AUD300B, AUD400Aを修得していて、履歴書、インターンシップ・プログラム担当者からの許可があること

 


音楽制作系 (Audio 020 Series -Music Production)

AUD320

音楽制作概論

Survey of Music Production

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

音楽制作の一つ一つの段階を詳しく紹介していく授業。音楽制作業界の歴史や、制作プロジェクトのマネージメント、インディー/メジャーレーベルからリリースを成功させるためのステップなどを扱う。講師により選ばれたデモ音源や商業音源を制作するにあたって用いられた音楽制作の技術について、考察と評価も行う。

 

AUD321

オーディオ制作のためのリスニング

Critical Listening for Audio Production

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義または演習

レコーディングやミキシング技術の聴き比べにより、オーディオ制作の世界で必要となる耳を育てる授業。バランス、パンニング、イコライジング、リバーブ、コンプレッション、ディレイ、楽器判別、各種技術の比較などを扱う。毎週出題されるリスニング課題により、授業で扱った内容をより確実に定着させる。

 


音楽ビジネス (BUSINESS OF MUSIC)

音楽ビジネスの授業一覧はこちらから