音楽分野科目

DEPARTMENT  OF  MUSIC  STUDIES

音楽ビジネス (BUSINESS OF MUSIC)

BUS300

ライブパフォーマンスとレコーディングにおけるオーディオ技術

(Audio for Live Performance

and Recording)

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

ライブパフォーマンスにおける一般的な音響機器と、レコーディングの際の周辺機器に関する基礎的な授業。より質の高いライブパフォーマンスと、効率的なレコーディングのために必要な知識が扱われる。

 

BUS301

ジャズミュージシャンのための

音楽産業の法的側面

(Legal Aspects of the Music Industry

for Jazz Musicians)

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

技術と法律によって形成された音楽産業の中における、様々な法的問題を概略的に解説する授業。今日において、ジャズミュージシャンやジャズレーベルが直面する法的問題とその解決法を重点的に解説する。

取り扱う内容は、著作権、マネージャーの役割、ライブパフォーマンス契約、レコーディング契約、作品の発表と販売、映像作品への音楽の提供、所有権、インターネットにおける音楽の販売など。

 


BUS400A

マーケティング&

パブリック・リレーションズ

(Marketing & Public Relations)

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

プロのミュージシャンとして生活していくために必要なスキルと知識を身につける授業。

 

BUS400B

マーケティング&

パブリック・リレーションズ

(Marketing & Public Relations)

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

BUS400Aの続編にあたる授業。それぞれのマーケティング戦略や、近年利用されているプラットフォームの利用の仕方を扱う。

 


BUS401

教育学

(Pedagogy Techniques)

必修科目-1 単位, 1 時間分の講義

音楽の教育に必要な技術について学ぶ授業。マンツーマン形式の授業の中で、Jazzschoolのワークショップを実際に企画し開講する。将来的に音楽分野における教育者になるために必要な知識と経験を得られる。

履修条件:4学年に在籍しているか、講師の許可があること

※ワークショップの企画案は、実際のワークショップ開催予定日の6か月前に講師に提出されている必要があり、その時点で卒業予定日まで6カ月以上の猶予がないといけない。

 

 


卒業制作 (SENIOR PROJECT)

卒業制作に関する情報はこちらから