音楽分野科目

DEPARTMENT  OF  MUSIC  STUDIES

 和声 (HARMONY)

HAR390A

西欧和声論-1600年代~1820年代まで

(Western European Harmonic 

Practice from 1600 to 1820)

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

バロック時代や古典派時代の音楽作品の分析を通じて、和音、数字付き低音、単旋律への伴奏付け、声部連結、カデンツァ、コード進行理論、ダイアトニックコード、展開コードなどの内容の入門的知識を養う。第1学期に必修。

 

HAR390B

西欧和声論-1820年代~現代まで

(Western European Harmonic

Practice from 1820 to the Present)

必修科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

ロマン派音楽から現代音楽までの作品の分析を通じて、構成の分析や、反復進行、ナポリ、増6度の和音、転調、12音技法などの高度な技術的知識を養う。

 


HAR390C

20世紀の和声

(20th Century Harmony)

選択科目-3 単位, 3 時間分の講義または演習

20世紀から現在に至るまでの西洋の音楽家による作品の分析を通じ、無調音楽における音楽理論の応用について理解を深める授業。授業では、実際に短い作品の作曲を行い、これまでに学習した技術や知識の定着を図り、学生の将来的な作曲活動につなげることを目的とする。最終的にはプロの音楽家に演奏してもらうための作品をそれぞれの学生が作曲する。

履修条件:HAR390Bをすでに履修していること。PRF390を同時に履修していることが推奨される

 


作曲 (COMPOSITION)

作曲の授業一覧はこちらから