一般教養科目

DEPARTMENT  OF  GENERAL  STUDIES

 社会科学 (AREA 3. SOCIAL SCIENCES) 必要単位数:12

社会科学分野の科目は12単位分が必修となります。

CJCで開講されている授業で、社会科学分野の科目として認められる授業は以下の通りです。

※HIS100A~200Bの授業群が社会科学系科目の取得単位として認められます。

※他の教育機関で取得された社会科学分野の単位は卒業単位として認められません。

 

ジャズの歴史

(Jazz History)

西アフリカ、西ヨーロッパ、新世界の影響を受けたジャズの誕生の瞬間から、現在世界中で演奏されているジャズにいたるまでの歴史を、音楽的観点と文化的観点から研究する4学期制の授業群。

学生は試聴、読書、ディスカッションなどを通じて、20世紀のダンスミュージックであり、自由と民主主義の象徴でもあるジャズ音楽についての理解を徹底的に深める。

HIS100A

ジャズ誕生から初期のジャズ:

1900年代以前から1919年まで

(Jazz History-The Roots of Jazz

and Early Jazz, Pre-1900-1919)

3 単位, 3 時間分の講義

西アフリカ、カリブ海、南米、アジア、ヨーロッパの諸地域の音楽がジャズの誕生に与えた影響について研究する授業。この授業では、特に西アフリカの文化がジャズやブルース、ラグタイムといったアフリカ系アメリカ人のスピリチュアル・ミュージックに与えた影響に着目する。また、ジャズの発展に関係する事項として、アメリカにおける黒人迫害や産業革命、黒人の大移動、第一次世界大戦、ラジオ・蓄音機の発明なども扱う。

 

HIS100B

1920年代から1939年までのアメリカ文化

(Jazz History-Style and Culture

in America from 1920-1939)

3 単位, 3 時間分の講義

禁酒法時代のアメリカにおけるジャズから、スイングジャズ、ジターバグ大流行の時代までの研究を中心とした授業。 ルイ・アームストロング、デューク・エリン トン、カウント・ベイシー、エラ・フィッツジェラルドなどの大物ジャズミュージシャンの楽曲を分析し、第一次世界大戦以降のアメリカ経済発展や世界恐慌、 音付き映画の発明といった文化的出来事との因果関係を探る。

履修条件:HIS100Aをすでに履修していること

 

 


HIS200A

1940年代から1959年までのアメリカ文化

(Jazz History-Style and Culture

in America from 1940-1959)

3 単位, 3 時間分の講義

モダンジャズからフリージャズの始まりまでのジャズが音楽に与えた影響に着目しながら、芸術様式としてのジャズを研究する授業。ビバップ、ハードバップ、 ファンク、ラテンジャズ、クールジャズなど様々なスタイルを、ディジー・ガレスピー、セロニアス・モンク、マイルス・デイビス、マックス・ローチ、モダ ン・ジャズ・カルテット、アート・ブレイキー、ホレス・シルバー、オーネット・コールマンらの演奏を通じて研究する。 また、これらの演奏と第二次世界大戦や冷戦、テレビの発明、公民権運動などの歴史的事実との因果関係についても分析する。

履修条件:HIS100Bをすでに履修していること

 

 

 

HIS200B

1960年代から現在までのアメリカ文化

(Jazz History-Style and Culture

in America from 1960-Present)

3 単位, 3 時間分の講義

AACM、 1970年代のニューヨーク、ヨーロッパジャズ、ウィントン・マルサリス、マイルス・デイビスと電子音楽、ハービー・ハンコック、ウェザー・リポート、 チック・コリアといったキーワードをもとに、ジョン・コルトレーン以降のフリー・ジャズの発展と、ジャズの原点回帰についての研究を行う授業。近年のアフ リカやアジアのミュージシャンが、ジャズに与えた影響についても調査する。

履修条件:HIS200Aをすでに履修していること

 

 


 数学と数量的能力 (AREA 4. MATHEMATICS & QUANTITATIVE REASONING)

必要単位数:3単位

数学と数量的能力の授業一覧はこちらから