CJC短期留学プログラム2018

参加された皆さんからのコメント

 神奈川大学 College Sound Orchestra - 山口紗也加(Drums

この度CJC短期留学というプログラムにお誘いいただき、本当にありがとうございました。1週間、行く前は長く不安に感じていたのですが、いざ行ってみると本当にあっという間に感じました。CJC、アメリカでの体験はこの ような機会がなければ絶対に不可能だったと思います。言語が違う授業、そして本場の演奏、どれも刺激的な体験をさせていただきました。音楽にもっと真摯に向き合 っていこうと思うような体験ばかりでした。また英語について、私は全く喋れず、現地の生徒さんなどに本当に 助けていただいたと思います。英語の勉強もしっかりやらなければと痛感しました。今年のステラジャムでも、このような副賞が是非あってほしいと願っております。 今回は本当にありがとうございました。

 

 神奈川大学 College Sound Orchestra - 山口素子(Drums

とても充実した1週間にすることができたと思います。周りの方々にたくさんサポートして頂いたおかげで、日本ではできない様々な貴重な体験を、することができました。CJCの生徒の演奏はもちろん、路上や駅のホーム、カフェなどでのライブ演奏もなかなか日本で経験することができないので新鮮に感じました。普段とは違う環境に戸惑うこともありましたが、それよりも得るものの方が多かったと思うので、このような機会を恵んでいただき本当に感謝しています。約1週間ありがとうございました。

 

 

 慶応大学 Light Music Society - 牧さくら(Tenner Sax

今回CJCでの授業を受けて私自身ものすごく音楽への視野が広がりました。日本の音大では無いような授業が多く、どれも専門的でとても楽しかったです。特にアンサンブルの授業はたくさんのクラスがあり、とても刺激的でした。私が通ってる大学ではアンサンブルのクラスは学年に一つで、そことの差に驚きました。学校に行きつつ、空き時間や休みの日には観光が出来たり、とても有意義に時間を過ごす事が出来たと思い ます。また色んなバンドから選抜されて一緒に行くことで、また友達の輪も広がり良かったです!今回アメリカに行くことによって、自分の目標や夢も新たに増え、自分にとって、とても良い二週間を過ごすことが できました。ぜひこれからもステラジャムでこの賞を続けて欲しいと思います!

 

 慶応大学 K.M.P New Sound Orchestra - 松山奈生(Wood Bass

アメリカでの滞在は1週間でしたが、非常に濃密な時間を過ごせました。私は基本的に午前中にCJCの練習室で楽器を練習し、午後に受けたい授業をとった後、夜にCJCや他のジ ャズの生演奏を聴くという生活を続けていました。留学プログラムといっても常に自由行動だったので、1日の計画を好きなように立てられるのは有難かったです。観光も充分に行えました。授業内容は、ジャズ史を学ぶ授業やアンサンブルの実技授業などがありました。アンサンブルの授業では、 普段、私がよくやるスイングジャズだけでなく、ファンクやフュージョン、ブラジリアンミュージックなど多様なジャンルを扱っており新鮮でした。英語はほとんど喋れませんでしたが、現地の方がとても優しくわかりやすい英語を話してくれるので、 意思疎通は思った以上にしやすかったです。バークレー近辺の美味しい飲食店を教えてもらったり、その他の事についても非常に親切にして頂きました。宿泊場所は駅から近く、リーズナブルな値段でしたが、とても綺麗でサービスもよく、非常にいい場所を CJC Japanの恵子さんに選んでいただいたので助かりました!そのほかアメリカに渡航する際の諸々の 手続きについても、事細かに教えてもらえたので、これといった不安もなく過ごせました。CJCの授業内容や施設はもちろん、カリフォルニアにおいての生活面でも、非常にいい環境を整えて下さったので、ありがたかったです!  1週間、とても充実した生活ができました!一つあげるとすれば、このプログラムの滞在期間は、もう一週間ほどあってもいいかなと思います。特にカリフォルニアに到着した初日の月曜日は、主にバークレーを見回るのがメインで、その月曜日の授業が受けられなかったので、各曜日の授業を見学する機会がよりあっても多すぎる事はないかな、という印象でした。

 

 甲南大学 Big Mountain Jazz Orchestra - 林 淳滉(Piano

今回CJC賞の一環で、現地に赴き、リアルを体感するツアーに参加させていただいた。学校に行けば、何かしら授業は行われており、毎晩ライブを見に行き、個人的には刺激的な時間であったと言える。とはいえ、時差ボケで体が一時期死んでいたのは言うまでもない...笑 今回は一週間程度のツアーだっ たため、もし可能なら二週間程度でもいいのかなあと思いました!というのも、行く前はかなりビビり散らかしていたのに、最終日は何故か日本に帰るのが嫌で嫌で仕方なくて、もっと居たいなあと思わされたくらいです。あと時差ボケで体調を崩しても、無理しなくて良いような期間的余裕が有ればもっと楽しめたかなあと思います。とはいえ、本当に楽しく過ごせました。これも現地学生の夏大さん、晋平さん、Zachさんをはじめ、CJC Japanのスコットや恵子さんといったスタッフのおかげで楽しく過ごせたからだと実感しています。  僕はまた行きたいです!